皐月賞 | 日刊競馬

アーカイブ : 皐月賞

皐月賞 出馬表 2012 枠順

皐月賞!優良競馬予想サイトTOP4


的中率業界ナンバーワン!皐月賞は、三連単の予想を提供。今なら特別キャンペーンにも参加できます。

競馬生活を送るためのノウハウを無償で提供。競馬で稼ぐことの概念・思考を変えられる唯一の競馬情報サイトです。

クチコミ系評価サイトで常に上位にランクインしています。それだけ提供される予想が当たっているということ。オススメです。

競馬予想の回収率には、実力と自信をもちあわせた競馬情報サイト。当たります。

皐月賞2012の出馬表&枠順が確定!

2012年 4月15日(日) 3回中山8日目 15:40発走
11R 第72回皐月賞
3歳・オープン・G1(定量) (牡・牝)(国際)(指定) 芝 2000m 18頭立

B枠馬 馬名 性齢 騎手 斤量
1 1 モンストール    牡3 柴田善臣 57
1 2 アダムスピーク   牡3 *ピンナ  57
2 3 トリップ      牡3 田辺裕信 57
2 4 メイショウカドマツ 牡3 *藤岡康太 57
3 5 アーデント     牡3 藤田伸二 57
3 6 ディープブリランテ 牡3 岩田康誠 57
4 7 ベールドインパクト 牡3 藤岡佑介 57
4 8 サトノギャラント  牡3 横山典弘 57
5 9 ワールドエース   牡3 福永祐一 57
5 10 スノードン     牡3 北村友一 57
6 11 マイネルロブスト  牡3 武豊   57
6 12 フジマサエンペラー 牡3 田中勝春 57
7 13 シルバーウエイブ  牡3 *北村宏司 57
7 14 ゴールドシップ   牡3 内田博幸 57
7 15 コスモオオゾラ   牡3 柴田大知 57
8 16 ゼロス       牡3 川田将雅 57
8 17 ロジメジャー    牡3 *安藤勝己 57
8 18 グランデッツァ   牡3 デムーロ 57

皐月賞2012競馬情報まとめ

【皐月賞】エース2冠視野 池江師「勝っておきたい」‎
【皐月賞】ブリランテ課題克服3馬身先着‎
【皐月賞】柴田大&オオゾラ荒れ馬場で一発‎
【皐月賞】2日連続G1制覇も…柴田大、オオゾラはばたく‎

皐月賞の結果

皐月賞・予想・競馬予想攻略サイトTOP5



評価項目 レーティング
的中率
回収率
安心度
平均 4.66
競馬予想Ⅹの予想の基本になるのはこのオッズ理論になります、
血統や馬場状態や前走レースなどの余計な情報なんて必要ありません!
馬連が導入された当時から、膨大なレース数のオッズとレース結果を検証・解析を繰り返し、独自オッズ解析理論の効果で顧客満足度ナンバーワン!
今月登録された会員様がすでに600万円以上の収支を実現!



評価項目 レーティング
的中率
回収率
安心度
平均 4.33
マスコミが提供する情報には厩舎や騎手などの思惑は含まれていません。しかし、この表に出て来ない情報がレース展開を左右させる重要な要素になっているのも事実。『勝ち組』になる為には、これらの不安要素を限りなく排除し、 真の情報を把握する事が必要なのです。



評価項目 レーティング
的中率
回収率
安心度
平均 4.33
JRA創立以来50年以上にわたる膨大なレースデータはもとより、当社専属の専門家や関係者によって集められた一部の人間しか知りえない情報を、ありとあらゆるファクターを完全に網羅する独自開発の予想システムにより、過去に前例をみない『最高の勝率』を編み出すことに成功しております。


万馬券裏情報をゲット 無料予想>>メルマガ<<

馬券ビジネスはリスクをコントロールしながら、勝てる確率の高いレースのみで勝負し、安定して収益を稼ぎ出します。関係者しか知りえない情報を元に、お客さまの笑顔のために全力を尽くすプロ集団です。

常勝の競馬予想 無料予想>>メルマガ<<

今だからこそ味わえるうま味がある!!穴馬と言われる馬に容赦なく◎をつけるその印を手に入れればあなたの馬券収支がこれまでにない躍進を遂げる!近年3年間の馬券回収額3億円越え!

めちゃくちゃ当たる競馬予想サイト

競馬予想エックス,漫画,1
競馬予想エックス,漫画,2

競馬予想X詳細

独自のオッズ理論に基づくオッズ解析システムが弾き出す買い目を公開!

年間的中率7割を誇る予想買い目で確実に利益を出す事が可能!

只今、期間限定で毎週土曜日と日曜日に無料で買い目を公開中!

驚きの的中率と回収率をご体感したい方は下記よりご登録下さい!

皐月賞コラム

私は、曾祖父が競馬好きな人間であり、

その曾祖父の影響で幼いころよりテレビで競馬中継を見ていた。

その頃に活躍していたのが、福永洋一騎手だ。

なので最も印象深い皐月賞といえば福永洋一騎手騎乗のハードバージが勝利した、

1977年の皐月賞。

と言いたい所だが、この年は私はまだ小学校低学年であり、

あまり印象に残っていない。

時は立ち、幼いころに見ていた騎手の息子が騎手になるような年齢になっていた。

福永洋一騎手の息子という事で福永祐一騎手はデビューのころから注目している。

2003年は、お手馬のネオユニヴァースが弥生賞を勝利し、ついに皐月賞で親子制覇が見れるかと思ったが、

一番人気のネオユニヴァースには騎乗せずに、前年の2歳王者エイシンチャンプに騎乗していた。

私なら強い方の馬に乗るが、義理を通したのだろう。

この一見依頼、福永洋一騎手の息子という見方をやめる事にした。

私はこのように義理堅い人間が好きだ。

おそらく競馬関係者の中にも私と似たような考えを思っている方もいるだろう。

福永祐一騎手がとった行動はその後の彼の競馬サークル内での評価を決めたと思う。

今後は父親のように牡馬クラシックの制覇をしたいものだ。

GⅠレース一覧

▲Page Top